お知らせ 一覧ページ

お知らせ・イベント情報
News

2017.07.26
  • お知らせ
  • ピックアッププログラム
  • プログラム検索
  • 大学生向け
  • 短期インターンシップ

【1day】長期インターンを知り、マイキャリアの”次の一歩”を考えよう!

まちづくり会社を通じて、能登の地域に根付く企業を知ろう!

民間のまちづくり会社として事業を展開する株式会社御祓川は、
「能登の人事部」という機能を持ち、下記3つのサービスを提供しています。
1. 採用支援(新卒/中途)
2. インターンシップによる課題解決、新規事業開拓
3. 人材育成研修

「キャリアデザイン」1dayのその先は、地域インターン?地方就職?海外留学?

プログラムの最後には、各個人のキャリアデザインセッションも行います。
この1日はあくまでも「きっかけ」です。
この先どういう道を進んでいくのか、一緒に考えていきましょう。
※長期インターンプログラムの詳細紹介も出来ます

1Dayスケジュール等

開催日程 10, 11月で調整中
→後日発表します
行程 ・自己紹介ワーク
・株式会社御祓川の紹介
・グループワーク
・企業訪問(1社)
・振り返り&キャリアデザインワーク
対象となる人 ✓大学生活中のキャリア設計を迷っている人
✓まちづくりって、どんな仕事があるのか現場を見たい人
✓現役で長期インターンに取り組む学生の話を聞きたい人
✓能登にどんな企業があるか知りたい人
得られる経験 ✓自分らしい次の一歩が見える(キャリアデザイン)
✓目線が上がる
✓長期インターンの魅力、難しさが知れる
事前課題 申し込み者に直接お伝えします。
活動場所 御祓川大学コワーキングスペースbanco
(七尾市生駒町3-3)
交通費等 支給無し
担当 能登留学 コーディネーター 岡本 竜太

 

受入団体紹介

まち・みせ・ひとを育てる、能登の民間まちづくり会社です

石川県七尾市の中心を流れる御祓川の再生から立ち上がった民間のまちづくり会社です。
「小さな世界都市・七尾」の実現に向け、まち・みせ・ひとの関係を軸に、様々な事業を展開しています。

・まち育て:市民のまちづくり拠点の整備、運営 ─ 御祓川大学
・みせ育て:能登の商品を全国に発信するネットショップを展開 ─ 能登スタイルストア
・ひと育て:能登の地域課題解決の現場に、全国の若者をマッチングする国内留学プログラム ─ 能登留学

団体名称 御祓川大学プロジェクト
事業内容 まちづくり
設立 1999年6月23日
代表者 森山 奈美
従業員数 8人

経営者からのメッセージ

次の一歩に出会う、プチ能登留学を体験しよう。

能登の企業が成長の舞台となる現場に立ち会うこと。自分らしく生きていきたいと、能登に移住をする方々をサポートすること。その中で私たちが感じているワクワク感を垣間見て欲しいと思います。
能登の人事部は、能登を元気にするために、まちを育て、みせを育てるための「ひと育て」に取り組んでいます。このプログラムが、あなたらしいキャリアを築くための第一歩を踏み出すきっかけになることを願っています。

森山 奈美

代表取締役/森山 奈美

1973年2月 石川県七尾市生まれ
1995年3月 横浜国立大学工学部建設学科建築学コース 卒業
1995年4月 株式会社計画情報研究所 入社
1998年12月 「民間まちづくり会社」が必要だと考え、企画書を作成して提案。
1999年6月 株式会社御祓川 チーフマネージャー兼務
2007年9月 同社 代表取締役就任

2016.11.14
  • お知らせ

Webサイトをリニューアルしました

能登留学Webサイトをリニューアルしました。

2013.06.26
  • お知らせ

地域若者チャレンジ大賞2013 北信越予選

地域若者チャレンジ大賞2013北信越予選

地域若者チャレンジ大賞2013 北信越予選「これからのチャレンジの話をしよう」が開催されます!

お申し込みは、こちらから→ http://ht.ly/m2OyG

日本の様々な地域課題を解決する現場に、学生が入り込んで、変革の担い手となっています。「地域」と「若者」が出会い、「チャレンジ」を生み出すことによる無限の可能性。その未来について、一緒に語りませんか?

2013年6月28日(金) 18:00~21:00
会場:金沢学生のまち市民交流館 一ノ間・二ノ間
参加費無料 定員:先着25名(お申し込みはお早めに)

<プログラム>
18:00~ オープニングトークショー
ゲスト:西田卓司氏(ヒーローズファーム代表理事)
18:30~ 趣旨説明・オープニング
18:40~ 事例発表!
地域に学生が入り込んでチャレンジした事例を
当事者がプレゼンテーション
19:25~ トークライブ
「これからのチャレンジの話をしよう」
ゲスト:眞鍋知子氏(金沢大学地域創造学類准教授)
聞き手:森山奈美 (株式会社御祓川代表取締役)
20:25~ 結果発表!
20:40~ ふりかえりトーク 全体交流
21:00  閉会 懇親会へ・・・

最優秀事例は2013年10月19日(土)に横浜関内ホールで行われる
「地域若者チャレンジ大賞2013」に、北信越代表として出場します!

<お申し込み>
メールで info@misogigawa.com 宛てに
お名前・ご所属・ご連絡先・懇親会への参加有無をお知らせ下さい。
または、Webで http://ht.ly/m2OyG こちらのフォームにご記入ください。

2013.02.07
  • お知らせ
  • イベントレポート

能登留学フォーラムVol.4

立春過ぎ、しばらくとても暖かな日が続きましたが、
まだまだ寒さに気を抜けません。
みなさま、初めましてインターン生のアラマキです。

 

平成25年1月19日(土) 七尾市役所にて
能登留学フォーラムVol.4「若者と育つ能登を目指して」が開催されました。

まちづくり関係者やインターン経験者、行政マン、主婦など様々な方々に
ご参加いただきました。

 

1.石川県における“域学連携”の取り組み

①七尾留学推進協議会 事務局長 森山 奈美 氏
能登留学3年間の歩みの中で、これまでの成果と課題が報告されました。
多くのプロジェクトが生み出されただけでなく、県内外から能登に関わる学生
が増え地域内のつながりを深めることができました。

 

②金沢大学地域創造学類 教授 佐川 哲也 氏
地域で働くことにより、地域を感じ、地域をマネジメントし、地域を発展させる
ことができる「地域創造力」を持った人材を育成する地域創造学類の理念に
もとづいて、“地域”で学ぶためのカリキュラムをつくってきた金沢大学の
取り組みが報告されました。

 

③金沢大学地域創造学類 准教授 眞鍋 知子 氏
金沢大学大学院の課題型インターンシップ(長期)で、3ヶ月のインターンを
行った学生の事例が報告されました。まるいもを使ったご当地グルメ「のみまる」
の活動を活性化させるプロジェクトと小松の中心商店街で若者がまちづくり
関連の取り組みに挑戦するプロジェクトで、地域の方々に支えられて、
学生たちは多くの学びを得ました。

 

2.地域がインターンを受け入れる意義

今回のフォーラムでは、日本で初めて長期インターンシップに取り組み、
2011年からは東北右腕派遣プロジェクト等を推進している、NPO法人ETIC.の
山内幸治氏を講師にお招きしました。

 

話題提供として東北右腕派遣プロジェクトのお話を交えながら、地域が
インターンシップを受け入れる意義について語られました。その一つに、
専門性を持っていないニートだった若者のエピソードがあります。

彼は当初、やる気を見せませんでした。途中「自分にも何かやらせてほしい」
とひたむきにがんばったところ、その姿を見た地元のおじちゃん、おばちゃん
方がその若者を手伝おうと立ち上がったのです。
彼のがんばりが地元の人が一歩踏み出すことを後押ししたのです。
その後、その若者は地元に戻り、実家を継ぐことを決意したそうです。

地域がインターンを受け入れることで、ただインターン生が経験を積むという
だけでなく地元の人が立ち上がり“誇り”を取り戻すきっかけをつくることも
できるのです。

 

3.若者と共に育つ能登を目指して

最後に、インターン経験者と七尾市民がディスカッションしました。
このディスカッションでひとつのキーワードとなったのは “祭”。

 

能登には青柏祭やキリコ祭をはじめ、本当に多くの祭りが存在します。
祭りはその “土地” に深く根付き、地域の人々のある種の原動力となって
います。祭り=“誇り” と考える人も少なくはないでしょう。
その一方で、担い手不足により “消えていく祭り” も存在します。

ディスカッションでは転居してきた、いわゆる「よそ者」が祭りに参加しづらい、
大きな壁を感じるといった意見や、お互いの “地域” への意識が強すぎて、
協力するという点では弱くなっているのでは、といった意見があがりました。
他方では、簡単に受け入れるのではなく “担い手になれる人” を見極めて
迎え入れるべきではないか、といった意見もありました。

 

祭りは一人ではできません。必ず地域ぐるみで “協力” します。
その中に、よそ者たちがどのように関わることができるのか。
それは、地域の課題を解決していくために、インターン生の力をどのように
活かしていくかというテーマにつながります。
地域の未来を描いていく時に、地域の住民だけではなく、能登に何らかの
つながりを持った人々が、そこに関わっていく。
すべての人が移住するわけではないが、能登とのつながりをつくることが
できる様々なプログラム(能登留学や社会人向けプログラム等)が有機的に
つながっていくことが望ましい、という意見が出されました。

 

能登の地域づくりに多様な人々が関わっていくイメージとして今年度、能登を
フィールドに活動を行った地域イノベーター養成アカデミー生から提案された
「定置網モデル」も紹介されました。

 

地域の担い手を考えるとき、“祭”が引き合いに出されることが能登ならでは
ですね。

 

フォーラム後、次の意見をいただきました。

●この地域に住む学生としても、地域活性の場が増えるのは良いと思う。(20代 学生)
●能登は”生活”は不便だが、”暮らし”はとても良いということを発信してほしい。(30代 自営業)
●自分の知らない能登や地域活性モデルなどを知れて、刺激を受けた。(20代 学生)
●インターン後、インターン生は留まってくれるのか。定着率をしりたい。(20代 会社員)
●地域の人たちともっと勉強し、ふれあう事が大切だと思います。(60代 主婦)

 

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

2012.04.26
  • お知らせ

2012年プロジェクト一覧に変更中!

年度が変わり能登留学事業も進化を続けています。
今まで募集を進めていたプロジェクトに検討を重ね、
より学生と地域のコミットが高まりソーシャルインパクトが起こせるものにブラッシュアップ中です。
プロジェクト内容が決定したものから更新していきますので、乞うご期待!

能登留学で募集中のプロジェクト一覧

2012.01.16
  • お知らせ

3月開催!能登留学フォーラム2012 ~若者と拓く、能登の未来~ 

能登の企業をフィールドとした長期実践型インターン「能登留学」が
スタートして2年。若者が能登にもたらす影響と可能性が少しずつ
広がっています。私たちは、若者と共にどんな地域の未来を描くのか。
未来の子どもたちに向けて、どのような地域を残すのか。

—————————————————————-
【開催概要】
●日 時:2012年3月10日(土) 14:00~17:00
懇親会17:30~19:00
●会 場: 番伊 (石川県七尾市府中町239
●参加費:フォーラムのみ参加無料、懇親会は実費(3,500円程度)です

この事業は平成23年度内閣府「地域社会雇用創造事業」に採択された
ソーシャルビジネスエコシステム創出プロジェクトの一環として運営
されています。
●主催:七尾留学推進協議会・(株)御祓川
●後援:七尾市/七尾市教育委員会
●協力:NPO法人 ETIC.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─ 若者と共に拓く能登の未来は、どんな姿なのでしょう ─

2011年6月に、世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」
地球の資源を大いに活かしながら、自然とともに、独自の文化を
育んできた”能登”には、これからの時代を生き抜くために、
大切にしたい哲学と暮らしが、息づいています。

一方、2011年3月11日の東日本大震災以降、私たちの社会が抱える
政治・経済・文化の歪みがますますあらわになり、大きな危機を
迎えています。にも関わらず、北陸に暮らしているとなんとなく
楽観的空気が漂っていることも現実です。

「私たちの社会はこのままではいけない。何とかしなければ。」
そこに自分の力を注いでいこうとする若者たちがいます。
「将来こんなことをやりたい。でも、まだぼんやりしている。」
今できることとして、インターンに挑戦する若者がいます。
彼らと共に、未来を考えることは、とても刺激的なことです。

私たちには、ひとつの仮説があります。

- 能登が大切にしてきたものの中に
これからの社会を変えていく
ヒントがあるのではないか -

「変われる地域・変わらぬ想い」

ぜひ、ご一緒に「若者と拓く能登の未来」を考えましょう!

━━━<主なプログラム(予定)>━━━━━━━━━━━━━━━

第一部:能登留学 初級・中級 事例紹介
──────────────────────────────
●大学連携短期インターンシップが地域にもたらすもの

金沢大学・法政大学・名古屋市立大学のカリキュラムとして
実施された短期インターンシップのプログラムが、地域にとって
どのような影響をもたらしたのか。あるいは、今後、どのように
地域と大学が連携していく可能性があるのか。
その方向性を探ります。

●長期実践型インターンシップ「能登留学」の事例紹介

最低3ヶ月間という長期実践型で学生がプロジェクトに携わり
企業や地域にどんな影響が出たのか。そこで、学生はどのように
育ち、地域とどのような関係を結んできたのか。
2年間の能登留学の実例から、その意義と可能性に迫ります。

第二部:総合ディスカッション「若者と拓く 能登の未来」
──────────────────────────────
若者と共に地域を育むという活動をどのように発展させていく
べきなのか。人口減少、高齢化という実態のなかで、何に価値を
置きながら地域の未来を拓いていくのか。
東日本大震災以降、大きく価値観が転換するこの時代に求めら
れる私たちの地域づくりのあり方について話し合います。

特別ゲスト:阿部 裕志 さん(株式会社 巡の環 代表取締役)

———————————————————————————
事前のお申し込みは<お問い合わせフォーム>からお願いします
———————————————————————————

━━━<お問い合わせ>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
能登留学事務局 株式会社 御祓川(みそぎがわ)担当:上田・春木
〒926-0804 石川県七尾市生駒町16-4
TEL:0767-54-8866 / FAX:0767-53-4811
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2011.05.26
  • お知らせ

能登留学フェア2011

魅力ある地域企業と繋がるチャンス!

能登留学フェア2011 開催決定!

学生と経営者が地域や企業の課題に挑む、「長期実践型インターンシップ」

地域資源を活かし「シゴト」を生み出してきた、「地域シゴトクリエイター」

各地で拡がる挑戦のストーリーが、この日socialに集まる。

そして次の挑戦は、君の番。

君の挑戦を待つ、地域の経営者とコミットして新たな世界の扉を開け!!

能登留学フェア2011

日時:618日(土) 14:00~
(地域若者チャレンジLIVE2011と同時開催になります)

開場:social(石川県金沢市片町2-10-42RENN bldg. B1F)

参加費:無料(地域チャレンジ交流会に参加希望の方は4000円、当日学生証掲示で1000円になります)

参加には事前予約が必要です、予約は以下のリンクから

能登留学フェア2011に申込む

2011.02.25
  • お知らせ

能登留学フォーラム2011~若者と育つ能登を目指して~ 開催いたします!

2010年4月より、能登地域の産業振興と、

地域や企業の抱える課題解決のため取り組んでまいりました。能登留学。

2010年の事例報告と2011年以降の能登留学の発展、

能登の地域としての若者との向き合い方や心構えを、

能登に住む多くの方に考えていただきたく以下のイベントを開催いたします。

.

能登留学フォーラム2011~若者と育つ能登を目指して~

日時:3月5日(土) 13:00開場 13:30開会

場所:パトリア七尾内、フォーラム七尾大ホール

持物:特に必要ございません

料金:無料

2010.12.27
  • お知らせ

能登ぷち留学開催決定!


能登留学は気になるけど、能登って行ったことがないし・・・
長期の休みを取るのはなかなか難しいけど能登留学を体験したい!

そんなあなたの声を受け、能登留学のプレイベントを開催します!
能登ぷち留学 ~能登で感じる ヒト・ミセ・マチ~

能登留学第2期の受入企業(候補)は以下。

この中から一社選び、受入担当者の1日秘書を体験!
能登で仕事をするということ、地域と繋がっているということを仕事の中から学びとる。
その会社が抱いている想いや地域との繋がりの在り方を、プレゼンテーションにして提案する。
あなたのその提案が、地域と人と企業の想いを変えていく!

能登の暮らしを感じるためのお楽しみもたくさん用意しています!
能登ぷち留学の詳細と申込方法は以下

能登ぷち留学 ~能登で感じる ヒト・ミセ・マチ~
日時:1月15日(土)~16日(日)
              15日(土)10:00 JR七尾駅集合
              16日(日)14:00 解散
場所:七尾商工会議所、寄合処御祓館(地図で確認)
参加費:2,000円(食事・宿泊含)

◆スケジュール
     15日 10:00 七尾駅集合
       午前中 オリエンテーション、企業とのマッチング
                   昼食 午後から各企業への取材、フィールドワーク
                   夕食 みんなで能登鍋を作って食べよう!能登の食を堪能します
     16日 午前中   プレゼンテーションづくり
              昼食
                   午後 各企業への成果発表!
            14:00解散

◆お申し込み方法
 こちらのページにアクセスし、お問い合わせフォームからお申し込みください。
 "お問い合わせ内容"をセミナー・イベント申込に設定
 "参加希望イベント"をプチ留学に設定後、必要事項を埋め送信してください。